シンガポール・ラッフルズ上陸記念の地(シンガポールを作った人)

シンガポール都市部にある「ラッフルズ上陸記念の地」は、シンガポールを作ったイギリス人「ラッフルズ」が最初に上陸した地です。シンガポールは当時、漁業がメインの寒村で、ほとんど人が住んでいませんでした。後に貿易港として大きな役割を果たすと考えた、ラッフルズの先見の目はすごいですね。

↑ラッフルズラッフルズ上陸記念の地周辺景色

シンガポールがラッフルズにより開拓されるまでの流れは以下のようになります。

1819年イギリスは中国の方へ船で行く際、中継地点が必要でシンガポールに目をつけたところから始まります。当時シンガポールの土地を支配していた王様と交渉したのがラッフルズで、うまく話をまとめます。ラッフルズが出した条件は「毎年土地利用料払うから土地貸して」というもの。普通他国が侵入してきたらどんな条件でも渋ると思いますが、当時シンガポールはほとんど人が住んでいない漁村。「遊ばせている土地があるなら、貸してお金が入ってきた方が良いか・・・」という王様の考えでラッフルズ(イギリス)はシンガポールという、後に巨大な貿易港となる土地を手に入れました。

ラッフルズがすごいのは、独自で現地の王様と話をつけてシンガポールを手に入れた事。大型案件の場合、日本の営業サラリーマンなら「一度本社に持ち帰って検討します・・・」というのが常識でしょう。単独で話をまとめるのは完全に越権行為です。まあそういう人が出世するんでしょうけどね・・・

こんな感じでイギリスが管理するシンガポールがスタートするのですが、イギリスから独立して「シンガポール」という現在の正式な国になるのはまた先の話・・・。この「ラッフルズ上陸記念の地」はラッフルズの像があるだけですが、シンガポールの始まりに思いをはせ、周囲に広がるビル群をみながらその発展に圧倒される・・・なかなか感慨深い地です。シンガポール名物「マーライオン」の近くなので、マーライオンへ行くついでに寄ってみてはいかかでしょうか。

おすすめ度7(10点中)・・・シンガポールに最初に目をつけたラッフルズの像と、その周囲に広がるビル群を見るとシンガポールの歴史を感じることができます!

参考文献:物語 シンガポールの歴史 (中公新書)

ウィキペディア:トーマス・ラッフルズ