山口県・山口市・湯田温泉(無料で楽しむ方法)

山口県山口市湯田(ゆだ)温泉は山口市の中心街にある温泉で、アクセスしやすいです。昔は坂本龍馬や高杉晋作も訪れ、幕末の偉人に愛された湯として有名です。過去の偉人に思いをはせながらゆっくり湯につかる・・・とっても贅沢な時間ですね。

ただ、自分は自分に課したハードスケジュールのため30分でこの場所を去りました。けど意外に短時間でも楽しめるので30分かつ無料で楽しむ方法を紹介します。

 

所要時間10分:湯田温泉の中心である井上公園で足湯につかる

井上公園には無料の足湯があり、湯田温泉を楽しむことができます。またこの井上公園は外交の父と言われる井上馨の生家跡を整備した公園で、井上馨はもちろん、中原中也や種田山頭火等の偉人ゆかりの地となっています。5分足湯に浸かって、5分で公園を回れば良いペースです。

 

所要時間10分:狐の足あと、中原中也記念館、松田屋ホテルをまわる

狐の足あとは井上公園から1分で行けるモダンな温泉複合施設です。温泉はもちろんギャラリーやお土産屋、カフェもあり湯田温泉観光の拠点となる場所です。中に入る時間は無いので外から見て、中に入ったら楽しいんだろうなと想像します

次にすぐ近くの中原中也記念館へ行きます。中原中也は湯田温泉を調べると名前がすごくヒットする詩人です。この記念館も中に入る時間が無いため、すごい人なんだろうなと想像します。中に入らないと意味ないんじゃない?と思うかもしれませんが、実際現場に足を運ぶと記憶に残りやすく、興味が深まります。深まるだけ深まって風化する場合もありますが・・・

次に大通りに出て松田屋ホテルを眺めます。ここは伊藤博文、西郷隆盛、坂本龍馬等、そうそうたる偉人が訪れたホテルで、国の方針に関わる重要な話し合いもあった事でしょう。ここはホテルのためもちろん入れませんが、歴史を感じつつ、いつかここに泊まりたいなーと想像します。格式高そうなので結構な値段しそうですが・・・。長く紹介しましたが、この3つの場所、外観をみてるだけなので10分で回れます。

 

所要時間10分:温泉舎で源泉を飲む

この「温泉舎」が温泉感を一番楽しめる場所だと思います。ここは湯田温泉の源泉が湧き出ている場所で、キツネの像がかわいらしいです(湯田温泉はキツネ伝説が残っているため)。
この岩から出ている源泉を飲むことができます。ただこのお湯、「激アツ」なので(50〜60℃ぐらい)、コップやペットボトルが必要です。自分はコップを持ってなかったので素手でいきましたけど・・・。普通に手で受け止めると火傷するので色々考えましたが、ジャブをくりだす感じで瞬間的に手で受け止め、少し手に残った湯をすすればギリいけます。味はうすーく硫黄のかおりがするお湯という感じです。

ただ、基本的に手でさわらないよう注意書きがあるので、高速ジャブができない方は素直にコップを持って行ったほうが良いです。

 

以上で30分です!湯田温泉街はかなり栄えていて、歩いているだけでも楽しいので30分だけでも立ち寄る価値はあると思います!

おすすめ度8(10点中)・・・歩いているだけでも楽しいです!

参考URL:湯田温泉