山口県・周南市・大津島の回天記念館(当時の肉声は貴重)

山口県周南市大津島の回天記念館は、捨て身で敵艦に突撃する「回天」の記念館です。捨て身で突撃は神風特攻隊が有名ですが、それの潜水艦バージョンが「回天」です。大津島に「回天」の訓練場、試験場があったため記念館が建てられたそうです。

「回天」は太平洋戦争で追い詰められた日本が戦局を盛り返すために考案されたもので、若者たちが何度も上層部に掛け合ってなんとか採用してもらったものらしいです。無理やり特攻させられたのでは無く、自主的に願い出たというところに命より重い愛国心を感じます。

この回天記念館がある大津島は離島であるため、まず徳山港から大津島巡航フェリーに乗ります。船は1日7本出ていて、回天記念館の最寄り港「馬島」まで約40分で着きます。


                     ↑徳山港周辺は工場地帯で良い景色です。

降り場である「馬島」に着いたら、回天記念館まで徒歩で5分ほどで行けます。案内看板に従って行けば迷うことは無いと思います。


この回天記念館では、なぜ捨て身の人間魚雷「回天」が考案されたのか、それに乗り込んだのはどんな若者達だったのかについて詳しく説明されています。特に、回天に乗り込む前に隊員が残した肉声テープや、生き残った隊員の当時を振り返るインタビュー映像はネットや本では得られない情報だと思います。

展示で一番人が集まるところはやはり、特攻した若者達が残した手紙の展示ですね。基本的に手紙の内容は「日本のために働けることが誇らしい」というものですが、これが全て本心かどうかはわかりません。自分も職場のアンケートや、自己評価表←(昇給や部署移動に影響する)では「会社のために働けることが誇らしい」的な思ってもいないことを書きますもの。それが言論統制されていた当時の日本ならなおさらでしょう。そんなことが垣間見れるのが、当時を振り返るインタビュー映像で、回天の訓練をしていた時の当時の本音を聞くことができます。恐怖を感じた事、死について深く考えた事、その中でも楽しいことがあった事など・・・。これを聞くと、すごく人間味というか、ゆとり世代の自分でも理解できる感情、考え方がちゃんとあって同じ人間なんだなーと思いました。ゆとりだって頑張って生きているんです

ちなみに一番印象に残ったのは樋口大尉という人が残した言葉です。この樋口大尉は、「回天」の運転練習中に機器トラブルで「回天」もろとも沈んで死んでしまいます。敵に突撃するでもなく、作戦中に死ぬでもなく練習中にただただ沈んでいく際に書き残した言葉が「後輩諸君に、犠牲を踏み越えて突進せよ」。後に引き上げられた際にこの遺言が残されていたそうです。なぜ強烈に印象に残ったのかうまく説明できないですが、こみあげてくる感情がありました。

この記念館は小さくまとまっていて、普通にまわって30分、じっくり見て1時間くらいです。歴史に興味のない方でも色々感じること、学ぶことが多いのではないでしょうか。

おすすめ度8点(10点中)・・・当時の肉声テープや、当時を振り返るインタビュー映像には感動します!

参考URL:回天記念館