山口県・光市・伊藤公資料館(貴重な本人映像)

山口県光市(ひかりし)の伊藤公資料館は伊藤博文が生まれた場所で、伊藤博文生家・資料館・記念館の3つがあります。
ここで一番価値があると感じたのは伊藤博文の本人映像が公開されている点だと思います。資料館内のシアターで見れるのですが、当時の伊藤博文の映像が見れるというのは本当に貴重だと思います。

その映像の中でも強烈に印象に残るシーンは、浜辺での約3分間です。浜辺の波打ち際に近づいて、靴が濡れそうになったらワーって逃げる遊びあるじゃないですか。「予想よりちょっと強い波が来て足ちょっと濡れちゃったよ〜(笑)」ってなるアレです。アレを内閣総理大臣伊藤博文がやってます約3分間、子供とかと一緒にずっとやってます。微笑ましさの極みですね。今も昔も偉い人も子供もあの波打ち際の楽しさは変わらないようです。

その他、資料館では伊藤博文の生涯、ゆかりの品が展示してあります。伊藤博文の説明資料に関してはボリュームが大きく、じっくり見ると1時間以上かかるため興味があるところだけじっくり見て回るのが良いと思います。

資料館を出て奥の方に行くと伊藤博文の生家があり、農家の生まれから総理大臣にまで上り詰めた事を想像すると感動します。


近くに伊藤博文が設計した伊藤博文記念館があり、和洋折衷な様式となっています。中は特に何もないのですが、建築や部屋の作りに興味がある方は少し覗いてみてはいかかでしょうか。ちなみにこの建物は伊藤博文が先祖供養の法要で使うために建てたそうです。



おすすめ度7点(10点中)・・・伊藤博文の生前映像が貴重!

参考URL:伊藤公資料館